ICチップ搭載か無い方、どちらがいいのか

icチップが入ったクレカと入ってないクレカじゃどっちがいいの?

最近ではICチップ搭載のクレジットカードが主流になり、ICチップのないカードは敬遠されるようになりましたね。本当のところ、どっちがいいのでしょうか。

ICチップのメリットはカードの偽造ができないこと。その代り暗証番号をしっかり管理しないと、盗難に遭い、不正取引をされた場合、暗証番号を管理できてないじゃないかと言うことで面積にならないことがあります。しかも、せっかくの長所である、「スキミングをしにくい」と言う点でも疑問が残ります。つまり、スキミングと言う偽造法は黒い磁気テープの読み込みによって偽造カードを作るのですが、ICチップクレカなのにその磁気テープも付いていることもあるのです。これでは偽装防止の意味はありませんね。それに、ICチップ対応のレジでないと今まで通りの対応となります。

対して、ICチップのないカードについては、商品の引き替えと共にサインを求められます。これにより本人確認となるので、確実と言えば確実です。ただ、レジでサインをするので少々手間取ることになるのは間違いありません。

筆者の個人的な意見で言うと、ICはなくてもいいんじゃないかなーって感じですかね。サインの手間がなくなったと言っても結局は暗証番号の入力をしないといけないし、かといって暗証番号が絶対に人に見られないと言う保証はない、そのうえ、暗証番号が知られていた場合は免責にならないじゃあ、ICチップの意味はあまりないかもしれません。また、偽造がしにくいとは言いますが、それはICだけで読み取る場合のこと。でも現状はICだけでなく磁気テープも並行して付いていることがあるので偽造に関しても首をかしげる部分があるかと思います。

うまく、社会に溶け込めば将来性のある昨日ではありますが、現時点では無理してまで手に入れないといけない機能ではないでしょう。