キャッシュカードとクレジットカードの違い

キャッシュカードとクレジットカードってどう違うの?

キャッシュカードとクレジットカード、見た目は似ててもその用途は全く違います。

まず、キャッシュカードは『現金を引き出す際に利用するカード』です。自分のお金を引き出す銀行のカードがこれに当たります。ですので、預金が無ければ利用できません。こちらは各銀行によって特典が違いますので、お得ポイントの紹介はしにくいのですが、いちいち通帳を持ち歩かなくてもいいと言う点で、現在たくさんの人が持ち歩いています。その他、金融会社のカードの事をキャッシュカードと呼ぶ人もいますが、こちらは、自分の銀行ではなく、消費者金融からのお金の引き出しですので、いわゆる借金と言うことになります。利息と一緒に金融会社に返済と言う形になりますね。

一方、クレジットカードは『商品を購入する際に、商品代金を肩代わりしてもらえるカード』です。ある一定金額までの買い物はクレジットカードで支払い、後日指定の口座から引き落とされます。返済先はクレジット会社。いろんな支払方法があり、一括払いなら手数料が取られないと言う面では、買い物の強い味方です。また、ネットショッピングを利用するのなら、持っていた方がいい一枚でもあります。

もう一つ、最近ではデビットカードと言われるカードも発行されています。こちらはクレジットカードとキャッシュカード、両方の特徴を併せ持ったカードと言えるかもしれません。自分の預金範囲内でクレジット利用可能店舗にて買い物ができると言う点では、使い勝手としてはいいですね。