クレジットカード審査は何を見るか

クレジットの審査って何を見られるの?

クレジットカードを作りたいと思ったらまず申し込みをすることになります。その時、「審査があるのでお時間下さい」と言われたことはありませんか?借金をするわけではないのに、クレジットカードを作るだけでも審査があるの?とお思いでしょうが、もちろんあります。

よく考えてみてください。クレジットカードを使うのはどんな時ですか?買い物をする時ですよね?クレジットカードを利用すると言うことは、カード会社に買い物の立て替えをしてもらうと言うこと。お金が絡むことなので、信用が大切なのは言うまでもありませんよね。ではどんなところを審査されているのでしょうか?

まず、クレジット会社は、金融機関で出回っている信販情報と言う内緒の情報を調べます。これには過去の遅延や他の借金歴などが記載されていて、ここを見て信用できるかどうかを判断するのです。遅延や踏み倒しがあった場合はほぼ絶望的。他にも多額の借金が合ったり、複数社からの借り入れや与信枠があるのもマイナス要因になるでしょう。

その他は基本的にはポイント制です。例えば持家だと逃げられる恐れがないことでプラス1、子どもがいると同じく逃げるのが難しいのでプラス1、逆に勤続年数が低いのはマイナスポイントが付くなどなど。社会的に見て、返済能力が高いと判断されるようなら十分に審査は通るので安心してください。