盗難補償が適用されるかどうか

カードの盗難保険、保障されるケースとされないケース

クレジットカードには盗難補償が付いています。でも、その保障を受けるには条件があるって知っていましたか?

それは、こちらに過失がないこと。例えばメモに暗証番号を書いてカードと一緒に保管。それを盗まれた場合は、保証対象外。わざわざ泥棒に暗証番号を教えたってことになります。そんなときは当然保証は受けられません。

他人に貸したり、裏面にサインをしていなかったりと言うのも重大な過失。また、生年月日などの判りやすい暗証番号も補償対象にならないことがあります。

また、もし被害に遭った場合、被害者の方に少しでも落ち度があった場合、その分、補てん額を減らされると言うことも十分にあり得るので注意が必要です。

申告期間を過ぎていた場合も適用されません。大体、不正使用から1か月~半年くらいまでに申告しておかないと保証されないので毎月の利用明細をチェックして、身に覚えがない、請求が来たらすぐに連絡するようにしましょうね。

逆に保証が受けられるのは、お財布に入れていたカードをすられた、個人情報の流出、スキミングなどのカード偽造被害、個人情報流出によるパスワード漏れなどで、持ち主に落ち度がないケースです。警察への被害届提出と共に保障対象となるのでカード会社と共に警察への連絡も忘れずにしておきましょう。