カードの使い分け

上手に利用!複数種類のカードを使い分け!

クレジットカードを複数持っている人がいるのですが、どういった使い方をしているのでしょう?

一番多いのはメインカードとサブカードでの使い分け。ポイント還元率が高い方を中心に利用し、サブカードは専用のメリットのあるお店などで利用すると言うやり方。

メインカードは還元率だけでなく、カードに付随するいろいろな利便性も加味して選びたいカード。外国に行くことが多いのなら、国際ブランドは必須ですし、不正利用があった時などのサポートやステップアップのしやすさなども考慮に入れておきたいですね。使用頻度が高くなるのは確実なので、良くいくお店で作って置くのも手かもしれません。

サブを選ぶときは使用頻度が少ないわけですから、ポイントの有効期限ができるだけ長めのものを選ぶと良いでしょう。また、特定の店でのサービスが受けられるカードをサブとして持っている人もいるようです。メインは他にもあるけれど、この店ではこっちの方がお得だから…そんな理由でサブを持つ人は少なくありません。
 
ただ、複数カードを持つことにはデメリットもあり、ローンや借金の時の審査にクレジット与信枠が考慮されてしまい、通らないなんてことや、カードを把握しきれずに紛失や盗難に気づきにくい、会費や支払い金額を把握しにくいと言った難点もあります。そういった部分を踏まえて、自分のコントロールできる範囲内での複数所持に抑えておきたいものですね。